セミナー情報

セミナー情報

SICカイゼン研究会 「ものづくりは、人づくり」ものづくりの基本の考え方から学び、理論だけでなく机上演習・工場現場などの実践的な実習も通じてカイゼンの心技体を身に付け、ものづくり企業の品質向上・原価改善・リードタイム短縮をもって収益性の向上と活性化を目指した計10回から構成する研究会です。募集要項 【会期】 平成25年3月16日(土)〜7月20日(土) 《全10回》 (各回とも土曜日開催13:30-16:30[3h])【会場】 SIC大会議室またはサン・エールさがみはら会議室にて実施【対象者】 製造業・サービス業で、現場でのカイゼン活動に取り組みたい企業(5社程度)【受講料(会費)】 1社200,000円(税別)1名で参加の場合、70,000円(税別) 【講師】 株式会社カイゼン・マイスター  7名の講師陣は、企業経営、生産管理、生産技術、品質管理、工場管理などそれぞれの専門分野で40年以上の経験と知識を基に、トヨタ生産方式と言う共通の理念のもとに、他では得難い実践的な現場で役に立つ内容を交代で提供します。
 これまで日刊工業新聞社主催のセミナーを始め、多くのセミナーで好評を博し、150社以上の中小企業の現場改善の実績があります。

 

【 カリキュラム 】

日程   講 義 内 容
第1回
3月16日(土)
カイゼン・リーダーに必要な
「心技体」の充実

実際の現場においてカイゼンを定着させるためには、カイゼンの「心技体」とは何かという事と、組織としての「心技体」の充実が欠かせない事を学びます。

第2回
3月23日(土)
カイゼンの技①

トヨタ生産方式の基本的な手法(技)について、具体的な考え方と事例を紹介しながら懇切丁寧に講義をしますので、カイゼンの基本が身に付きます。

第3回
4月13日(土)
カイゼンの技②
第4回
4月20日(土)
現場で必要な管理能力と監督能力

現場を担当する管理者・監督者のために、管理者はどうあるべきか、監督者はどうあるべきかを理解し、実践していくための具体的な方法を種々の事例で分かり易く説明します。

第5回
5月11日(土)
机上演習①

標準作業とは何かと標準作業の重要性を認識し、標準作業3帳票などの作成を通じて手法を学びます。

第6回
5月25日(土)
机上演習②

問題のある現状のレイアウト(作業台、工具台、製品台、検査台、部品棚・・・)を机上に示して、現場で具体的な改善を進めて行くというカイゼンのステップを身を持って体験しカイゼン手法を身に付けます。

第7回
6月8日(土)
カイゼンの定石と事例

現場の見方(目利き力)の基本と改善手法の定石を具体的な事例を紹介しながら説明します。

第8回
6月22日(土)
工場視察を通じて改善提案①

他社の工場視察を通じて、現場の改善提案を実施します。

第9回
7月6日(土)
工場視察を通じて改善提案②
第10回
7月20日(土)
成果発表会

9回のカイゼン塾を終えて何を身に付けたか、自社に帰ってどのようにフィードバックするかを各自発表してもらいます。最終回は、ぜひ経営者も出席して下さい。



 

詳細パンフレット・申込書のダウンロード(PDF)