ニューストピックス

ニューストピックス

World Robot Challenge(WRC)
相模原市に事業所がある企業8社と大学が連携した
「Team SAGAMIHARA 」がWRCに出場します。

開発中の写真

1.World Robot Challenge(WRC)への参加

 人間とロボットが共生し、協働する世界の実現を目指し、経済産業省とNEDOが2018年 10 月 17 日(水)~21 日(日)の 5 日間、東京ビッグサイトでロボットの競技会World Robot Challenge(WRC)と展示会World Robot Expo(WRE)からなるロボットの国際大会「World Robot Summit 2018(WRS2018)」を開催します。
 今回、ロボットの競技会WRCに相模原市に事業所がある企業8社と玉川大学で構成した「Team SAGAMIHARA」が、ものづくりカテゴリーで課題解決のための技術とアイデアを競う3種目に挑戦します。


Team SAGAMIHARA (順不同)

No. 大学名 URL
1 玉川大学 工学部 岡田研究室 http://www.tamagawa.jp/graduate/brain/staff/labs/okada.html
2 愛知産業株式会社 http://www.aichi-sangyo.co.jp/index.html
3 永進テクノ株式会社 http://www.eishin.info/
4 榎本機工株式会社 http://www.enomt.co.jp/
5 株式会社F-Design http://f-ds.jp/
6 マイクロテック・ラボラトリー株式会社 https://www.mtl.co.jp/index.html
7 株式会社未来創造技術研究所 http://www.mstc1.com/index.html
8 株式会社MEMOテクノス https://www.memotechnos.co.jp/
9 株式会社リガルジョイント http://rgl.co.jp/
チームメンバー集合写真

※大会への参加にあたり、相模原市とSICが運営等サポートをしています。

2.参加競技の内容

ものづくり~製品組立チャレンジ~

工業製品等の組立に必要な技術要素を含んだモデル製品を組み立てるためのロボットシステムを迅速にかつ無駄なく立ち上げて、そのモデル製品を素早く正確に組み立てることを競います。

①タスクボードチャレンジ

ベルトドライブユニット組立に必要な要素作業を行います。このタスクでは、配置マットの上に置かれた部品をタスクボードの上の指定された位置に組み付けます。

②キッティング

ベルトドライブユニット組立の準備タスクにあたるキッティングを行います。このタスクでは、容器の中から必要な部品をピックアップし、キッティングトレイの上に置きます。

③組立

ベルトドライブユニット組み立てとシステムの段取り替えを行います。このタスクでは、キッティングトレイの上に準備した部品を使ってベルトドライブユニットの組み立てを行います。また、新たな生産要求への対応として、事前に告知した部品とは異なる仕様の部品(サプライズパーツ)を組み立てるために迅速かつ効率的な段取り替えも行います。


ロボットイメージ

3.World Robot Summit 2018(WRS2018)

名 称: World Robot Summit 2018(WRS2018)
主 催: 経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
日 程: 2018年10月17日(水)~21日(日)の5日間
開催時間: 東京ビッグサイト 東 6・7・8 ホール
東 7・8 ホール 10:00~18:00
※10月21日(日)は、競技スケジュールの都合上、
東7ホールは 15:00 まで、東8ホールは12:00までとなります。
入場料: 無料(登録制)
URL: http://worldrobotsummit.org/
開催内容: World Robot Summit 2018(WRS2018)では、
展示会World Robot Expo(WRE)とロボットの競技会
World Robot Challenge(WRC)を開催します。

展示会World Robot Expo(WRE)は、ロボット活用の現在と未来の姿を発信し、
最新の産業用ロボットから暮らしの中で活躍するサービスロボットまでを展示します。
また、国内外の有識者を招いたシンポジウムを連日開催するほか、
来場者が体験できるプログラムを多数実施します。

競技会「World Robot Challenge(WRC)」は、
国内外より134チームが参加し、4カテゴリー
(ものづくり、サービス、インフラ・災害対応、ジュニア)、
全9種目で技術開発の加速とロボットが実際の課題解決の競技を行います。